学習机の解体方法


学習机の解体に必要な物。

学習机を解体処分しようと思ったら、道具はどんな物がいるのでしょうか。素人が学習机の解体をするだけの為に、解体の専門家が使うような道具を購入するのは考えものですし、使いこなせるかどうかも疑問です。学習机の構造自体は、どのメーカーの物でも大した違いはないでしょう。まず、外側からネジで止めてあるのが確認出来たら、ドライバーでネジを外してみて下さい。
ドライバーでネジを外していくと、机の上の本棚などの大きな物から分かれて行きます。うまくいくとサイズが半分になるかもしれませんが、半分になっても重量がかなりありませので、女性だけでの運搬は無理です。繋ぎ目は殆どが、接着剤で接着してありますのでハンマーなどで思いっきり叩くと外れます。処分するのですから、壊れるのを気にせずに思い切ってやりましょう。思ったより簡単で、反動で壁や床を傷付けてしまうかもしれませんので、気を付けましょう。小さく解体できると女性一人でも簡単に運べます。

学習机は粗大ゴミとして処分する。

学習机は粗大ごみとして処分するのですが、重量があるだけでなく作りも頑丈で、叩いた程度では壊れません。のこぎりで切ると言う方法もありますが、力とコツが必要で時間もかかります。使わなくなった学習机の処分は本当に厄介なので、購入する時には10年後の事まで考えて、机を選んだほうがよさそうです。

学習机は大人になってもサイズを調整して使えるものを。

大人になっても学習机をずっと使い続けられればいいのですから、サイズの調整が出来る机があればいいですね。同じものだと使いやすいかもしれません。
あなたが使っている学習机は、どうですか?

コメントは停止中です。