学習机を自分で解体してみる


学習机にお世話になった自分が解体してあげる。

小学校の時から使用してきた学習机でしょうが、誰か他に譲ってあげる人がいなければ、解体してみませんか。解体なんて初めてと思いますが、何事もチャレンジです。学習机は大きくて頑丈、重量も結構あります。女性一人では動かせませんし、簡単に解体する事も出来ないでしょう。学習机の処分に、多くの人が困るのも頷けます。専門の業者さんもいらっしゃるのですが、思い出のあるものですから、自分で解体したいものですね。学習机には、小学校からだと通算10数年間の思い出が詰まっています。

学習机を解体していると色々な思い出が蘇る。

マジックの落書きやアニメキャラクターのシール、彫刻とうで削った跡など、じっくりと見てみると、とても懐かしいです。年月がたち大きく成長すると、学習机もいつの間にか科粗大ごみになり、処分を考えなければいけなくなります。粗大ごみとして自治体で処分するのならば、大きさによってシールを貼ると、自治体で回収してくれるでしょう。

解体の手順と道具た。

解体するのならば、まず前後左右から学習机を見て、解体の手順を考えてみましょう。ドライバーやハンマー、のこぎりを用意しましょう。昔の学習机と現代の学習机は構造が違うかも知れませんが、ドライバーだけで解体できるタイプと、ハンマーやのこぎりが必要なタイプに分かれます。メーカーによって色々な考え方があるでしょうが、最近の学習机は長く使えるものが多いようです。
学習机で解体できない机はないのですが、自分1人で無理だと思ったら、無理をして怪我をしては大変なので、誰かに手伝って貰って下さい。学習机の解体の様子を記載しているインターネットサイトがありますので、参考にしてみてはいかがですか。

コメントは停止中です。