学習机のリメイク


学習机は小学校に入学した時に、ほとんどの子が買ってもらうようです。目の前には本棚が取り付けられ、子供が使う為にちょっとかわいい感じになっていて、机全体も狭い印象です。小学生の時には、その広さでも良かったのでしょうが、大きくなって高校生くらいになると、大きさも、広さも使い勝手が悪くなってきます。まずパソコンなんて置けませんから、勿体ない事ですが、使わなくなってしまいます。

学習机をリメイクしよう。

粗大ごみとして、解体、処分してもいいのですが、まだ使えるのですからリメイクに挑戦してはいかがですか。リメイクのための作業はいりますが、解体費も処分費も不要で、しかも大人になっても使用できる機能的な机にかえてみましょう。作業は自分でできる範囲のリメイクをしましょう。

本棚を外してもそれほどは広くならない。

まず、本棚を取り外すと、机の上がすっきりとします。これで広く使えるようになりますが、広さが足りない場合には、広い天板を上から取りつけてもいいですね。本棚を取ると、学習机ではなくなり普通の机になります。引き出しはそのままで、今まで通りに使いましょう。机の側面のネジや、金具などの必要のない物は取った方がいいでしょう。全体の色が汚れていたり、禿げたりしている場合は壁紙を貼り付けたり、色を塗り替えるのもいいと思います。

蛍光灯がついている本棚がありますので、スタンドは購入しないといけません。最近はLED証明のスタンドなど、おしゃれなスタンドが色々販売されていますので、気に入ったもので照らして下さい。高校、大学、もちろん、大人になってからもリメイクした机をずっと活用しましょう。再利用する事は、ごみ減量の第一歩になります。どうしても処分しなければならなくなった時には、誰かに譲ったりしてリサイクルを考えましょうね。

コメントは停止中です。