学習机は処分する前に使い続ける方法を


学習机がお役御免になったら。

Edit_2014-10-26_3学習机は多くの人が、小学校入学時あるいは少し遅れて、いずれいしても買ってもらっています。でもその学習机がお役御免になった時は、どうしているのでしょうか。大きい物ですから粗大ごみとして出そうとしても、簡単にはいきませんね。家からゴミ置き場まで持ち込むのも大変ですし、第一小さく解体しないといけないでしょうね。小さく解体して持っていこうとしても、学習机は頑丈な物ですから解体するのもとても大変です。

学習机を解体処分してくれる業者

ところで、学習机の解体処分をする業者さんの存在を知っていますか。学習机に限らず、いろいろな不用品の処分を請け負ってくれます。子供が大学や就職などで、家を離れることになった時、学習机が不要になったりしますが、そのまま家に置いておいても、邪魔になってくるかもしれません。処分するのががもったいなくて、家に置いておくスペースがあったとしても、できれば親戚や知人の子供さんに譲るなどの、再利用が望ましいですね。ランドセルと学習机は子供の思い出と共に存在しているものですから、やはりどなたかに使ってもらった方がよいでしょう。こちらにランドセルの再利用についての記事があります。

例えば次のような方いますが、お金を使う前に再利用できる工夫を考えませんか。

学習机を処分したが、高額ではないでしょうか?
学習机の処分するにあたって、ある業者に見積もって貰ったら、なんと18,000円でした。 幾らなんでも高いと思ったので、値切ってようやく7,000円になりました。しかしこれが妥当なのかどうかは全くわかりません。結局7,000円でお願いしましたが、高かったと思っています。学習机の大きさは幅100センチ×奥行き60センチ×高さ70センチです。 かなり重くて一人では運び出しはできないほどです。 7,000円は高いでしょうね。元々18,000円だったものが7,000円になること自体が値段があってないような気がします。どうでしょうか。

使い続ける方法を考える

テーブルならば、普段の生活の中での使用場面は多いでしょうが、学習机はとても重量がある上に他のテーブルと違って、高さの調節が出来るようになっているので、他に利用方法があるかも知れません。
子供が一人っ子ならば、学習机も1つなので処分も簡単ですが、兄弟姉妹がいる場合には人数分学習机もあるでしょう。祖父母から贈られた、思い入れのある学習机もあるでしょうから、簡単に処分出来ないという気持ちもあります。

Edit_2014-10-26_2中には大学生になっても、本棚などの不要な部分を取ったりして、学習机をリメイクして使っている人もいます。私なら、のこぎりやドリルドライバーを使って、机の天板を延長して広く使えるようにします。日曜大工レベルの作業が必要なので、経験の無い女性ではすこしハードルが高いでしょうが、工夫すること自体が楽しいなと思うので苦になりません。
そうはいっても処分が必要なら上の例のように見積もりをとって処分ということになるでしょうか。

机としては問題ないので、できれば教材の多い大学生でも大丈夫なように広く使えるように工夫を考えませんか。まだ処分していない学習机をお持ちなら、これからも使い続ける方法を考えてみて下さい。

コメントを残す