学習机の解体が自分で出来るか?


学習机の解体は意外に簡単。

「学習机の解体なんてしたことがない」という人は多いでしょうが、解体をしている様子を掲載しているサイトもあり、実際には意外と簡単に出来そうです。
学習机を処分するための方法に、解体をしてみようと思っているのならば、いろいろな情報がありますよ。解体の方法は学習机の構造によって違います。

ドライバー1本から電動のこぎりまで。

ねじを使って組み立てられている机だったら、ドライバー1本で解体出来ます。しかしながら、接着剤が使ってある場合ですと電動のこぎりで切断したり、ハンマーを使って叩いて外さなければいけません。電動のこぎりを使用する場合には、金属の金具やネジなどが内部に隠れているかもしれません。金属に当たるとのこぎりの刃が傷んでしまいますので注意が必要です。
学習机は一般的に言って頑丈な作りになっていますので、ネジだけで組み立てられているとは考えられませんので、ハンマーなども必要になると思います。どの程度まで解体するかによって、用意する道具も違ってきます。

細かくカットしてゴミ袋に入れる事も。

2階から1階に降ろす程度なら、二つに分ければいいのでのこぎりは使わなくてもよさそうですし、ゴミとして、ごみ収集のビニール袋に入れるのであれば、のこぎりで小さくカットする必要があります。
自分では出来ないと思ったのなら、解体業者に頼むとすぐに処理してくれます。ただし、解体業者にお願いすると、料金がかかりますので事前に費用を見積もってもらいましょう。
大物家具の処分は大変なので、家族のいる方はみんなで協力して処分しましょう。一人暮らしで学習机を使用している方は、処分に困りますね。

コメントは停止中です。